医療について

高血圧症について詳しく知っておこう

高血圧症とは、安静時の血圧が持続的に正常血圧の範囲を超えている状態のことを言います。
加齢とともに有病率が増加します。
発症頻度に男女差はありません。
典型的に症状はありませんが、血圧が高いほど脳卒中、心筋梗塞、心不全などの心疾患、慢性腎臓病(CKD)などの罹患率、死亡率が高くなります。
高血圧症は、本態性高血圧症と二次性高血圧症に分類されます。
本態性高血圧症は直接的な原因が不明の高血圧であり、高血圧症患者の大部分(90%前後)を占めます。
遺伝、肥満、塩分やアルコールの過剰摂取、カリウム摂取不足、ストレス、喫煙がリスクになると考えられています。
この場合、まずは生活習慣を改善し、それでも血圧が下がらなければ薬物治療が開始されます。
一方、二次性高血圧症は、腎機能の悪化による腎性高血圧症、内臓のホルモン分泌異常による内分泌性高血圧症の二つがあり、原因が明確な高血圧です。
二次性高血圧の治療方法としては、まず高血圧を引き起こした原因を突き止め、その原因を根本的に治療することで高血圧症も改善されます。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.